おはようございます!
今日も訪問ありがとうございます

USDJPY 10.20. 6:30
2021.10.20   USDJPY

 
昨日のドル円は、
 19日のニューヨーク外国為替市場でドル円は4日続伸。
終値は114.38円と前営業日NY終値(114.32円)と比べて6銭程度のドル高水準だった。
米長期金利の指標である米10年債利回りが一時1.6443%前後と5月20日以来約5カ月ぶりの高水準を付けると円売り・ドル買いが優勢になった。
ダウ平均が200ドル超上昇したことも相場の支援材料となり、アジア時間の高値114.35円を上抜けて一時114.40円まで値を上げた。


2021-10-20 06:21
通常市況
ドル円オーダー=114.40-50円 断続的に売り・超えるとストップロス買い
Fx-Wave
116.00円 売り小さめ
115.50円 超えるとストップロス買い小さめ
115.00円 売り
114.40-50円 断続的に売り・超えるとストップロス買い

114.38円 10/20 6:00現在(高値114.40円 - 安値113.88円)

114.10円 買い
113.80円 買い・割り込むとストップロス売り
113.60円 買いやや小さめ
113.55円 OP28日NYカット
113.20円 買い
113.00円 買い、OP25日NYカット
112.50円 OP25日NYカット
112.10円 買いやや小さめ
112.00円 OP27日NYカット
111.70円 買い
111.40-50円 断続的に買い


代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインは対ドルで一時6万4342ドル台と4月14日以来約半年ぶりの高値を付けたほか、対円では735万円台と過去最高値を更新した。


無題3
GMOコインからチャート



今日も
楽しい気分で良いトレードを
ステキな一日をお過ごしください。




2021-10-20 06:15
指標予定
20日のイベントスケジュール(時間は日本時間)
Fx-Wave
<国内>
○08:50 ◎ 9月貿易統計(通関ベース、予想:季節調整前5192億円の赤字、季節調整済5864億円の赤字)

<海外>
○15:00 ◎ 9月英消費者物価指数(CPI、予想:前月比0.4%/前年比3.2%)
○15:00 ◎    CPIコア指数(予想:前年比3.0%)
○15:00 ◇ 9月英小売物価指数(RPI、予想:前月比0.2%/前年比4.7%)

○15:00 ◇ 9月独生産者物価指数(PPI、予想:前月比1.1%)
○16:00 ◎ ビルロワドガロー仏中銀総裁、講演

○16:20 ◎ エルダーソン欧州中央銀行(ECB)専務理事、講演
○17:00 ◇ 8月ユーロ圏経常収支(季節調整済/季節調整前)

○17:00 ◎ 9月南アフリカCPI(予想:前月比0.3%/前年比5.0%)

○18:00 ☆ 9月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値(予想:前年比3.4%)
○18:00 ☆ 9月ユーロ圏HICPコア改定値(予想:前年比1.9%)

○20:00 ◇ MBA住宅ローン申請指数


○21:30 ◎ 9月カナダCPI(予想:前月比0.1%/前年比4.3%)

○22:40 ◎ ホルツマン・オーストリア中銀総裁、講演

○23:30 ◇ EIA週間在庫統計

○21日00:20 ◎ ビスコ伊中銀総裁、講演

○21日01:00 ◎ エバンズ米シカゴ連銀総裁、ボスティック米アトランタ連銀総裁、ブラード米セントルイス連銀総裁、カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、イベントに参加
○21日02:00 ◎ 米財務省、20年債入札
○21日02:00 ◎ クオールズ米連邦準備理事会(FRB)理事、講演
○21日03:00 ◎ 米地区連銀経済報告(ベージュブック



2021-10-20 06:05
通常市況
ニューヨーク外国為替市場概況・19日 ドル円、4日続伸
Fx-Wave
 19日のニューヨーク外国為替市場でドル円は4日続伸。
終値は114.38円と前営業日NY終値(114.32円)と比べて6銭程度のドル高水準だった。
米長期金利の指標である米10年債利回りが一時1.6443%前後と5月20日以来約5カ月ぶりの高水準を付けると円売り・ドル買いが優勢になった。
ダウ平均が200ドル超上昇したことも相場の支援材料となり、アジア時間の高値114.35円を上抜けて一時114.40円まで値を上げた。

 ユーロドルは5日続伸。
終値は1.1633ドルと前営業日NY終値(1.1610ドル)と比べて0.0023ドル程度のユーロ高水準となった。
欧州序盤に一時1.1669ドルと9月27日以来の高値を付けた影響が残ったものの、NY市場に限れば上値の重さが目立った。米長期金利の上昇に伴うユーロ売り・ドル買いが出たほか、ユーロポンドやユーロ豪ドルなどユーロクロスの下落につれた売りが出て1.1630ドル付近まで下押しした。

 なお、ユーロポンドは0.8423ポンド、ユーロ豪ドルは1.5546豪ドル、ユーロNZドルは1.6230NZドルまで値を下げた。

 ユーロ円は9日続伸。
終値は133.06円と前営業日NY終値(132.73円)と比べて33銭程度のユーロ高水準。ただ、NY市場に限れば133.00円を挟んだ狭いレンジ取引に終始した。ドル円とユーロドルの値動きの影響を同時に受けたため、相場は大きな方向感が出なかった。


 オセアニア通貨は堅調だった。
米国株相場の上昇でリスクセンチメントに敏感な豪ドルやNZドルに買いが入った。豪ドル米ドルは一時本日高値となる0.7486米ドル、豪ドル円は85.54円まで値を上げたほか、NZドル米ドルは0.7172米ドル、NZドル円は81.96円と日通し高値を更新した。


 代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインは対ドルで一時6万4342ドル台と4月14日以来約半年ぶりの高値を付けたほか、対円では735万円台と過去最高値を更新した。
ビットコインの先物をベースとしたプロシェアーズのETF(上場投資信託)の取引が正式にニューヨーク証券取引所(NYSE)で開始されたことが好感された。

本日の参考レンジ
ドル円:113.88円 - 114.40円
ユーロドル:1.1609ドル - 1.1669ドル
ユーロ円:132.63円 - 133.19円



経済指標・イベント解説(時間は全て日本時間。予定・未定を含む)

<20日・水>
08:50 日9月貿易収支[通関統計]
(資源高が輸入増、半導体不足などの供給制約や中国減速が輸出減の要因に。円安支援も)

15:00 独9月生産者物価指数
15:00 英9月消費者物価指数
15:00 英9月小売物価指数
15:00 英9月生産者物価指数

(資源高や供給制約などが物価の高止まり要因に。一方で米国では、生産者物価の急上昇が一服に)

16:00 ヴィルロワ・ド・ガロー仏中銀総裁、講演
(インフレ警戒姿勢を強めると緩和見直し前倒し思惑でユーロ高。見直し慎重姿勢ならユーロ安)

17:00 ユーロ圏8月経常収支
(中国など世界経済の減速や、供給・物流制約などが輸出を抑制。黒字減ならユーロ安要因に)

17:00 南ア9月消費者物価指数
(南ア・ランドは下値固めからの反発と、根強い戻り売りの圧力をにらむ)

18:00 ユーロ圏9月消費者物価指数[改定値]
(資源高や供給制約などが物価の高止まり要因に。一方で米国では、生産者物価の急上昇が一服に)

21:30 加9月住宅価格指数
21:30 加9月消費者物価指数

(資源高や供給と物流の制約、建材などの上昇が高止まりの要因に)

22:40 ホルツマン・オーストリア中銀総裁、金融規制会議で講演
24:00 ヴィルロワ・ド・ガロー仏中銀総裁、講演
(インフレ警戒姿勢を強めると緩和見直し前倒し思惑でユーロ高。見直し慎重姿勢ならユーロ安)

23:30 EIA週間石油在庫統計
(世界的な天然ガスなどの資源高余波や、経済活動再開の拡大などが在庫の取り崩し要因に)

25:00 エバンス・シカゴ連銀総裁、ボスティック・アトランタ連銀総裁、ブラード・セントルイス連銀総裁、カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁、人種差別関連オンラインイベントに参加
25:00 ボスティック・アトランタ連銀総裁、イベントで挨拶
26:45 ブラード・セントルイス連銀総裁、討論会に参加[オンライン]

(物価高止まり、資源高、米債務上限問題、中国不安などを踏まえた今後の利上げに対する考え焦点)

26:00 米財務省20年債入札

(先行き利上げやインフレ警戒などで、入札低調なら米債価格下落=金利上昇とドル高に)

27:00 米地区連銀経済報告[ベージュブック]
(資源高、物価上昇、金利上昇、供給制約、人手不足といったマイナス要因の打撃度合い焦点)

米企業決算
ネットフリックス[05:00]
ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングス
ベーカー・ヒューズ[20:00]
バイオジェン
ベライゾン・コミュニケーションズ[20:30]
(当座の収益改善ピーク天井を示唆なら米株安とリスク回避に。伸びシロ示唆なら株高とリスク選好)


ニュースは、ブロードネットさんを見ています。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
宜しければクイックしてね。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村