コーヒー5


2021-06-08 06:05
通常市況
ニューヨーク外国為替市場概況・7日 ユーロドル、続伸
Fx-Wave
 7日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは続伸。終値は1.2190ドルと前営業日NY終値(1.2167ドル)と比べて0.0023ドル程度のユーロ高水準だった。前週末に発表された5月米雇用統計を受けて、米連邦準備理事会(FRB)による早期の量的緩和の縮小(テーパリング)観測が後退したため、この日もドル売りの流れが継続した。「ロシアは外国為替の流動性をユーロにシフトする刺激策を計画している」との一部報道もユーロ買い・ドル売りを促し、前週末の高値1.2185ドルを上抜けて一時1.2202ドルまで上値を伸ばした。一時0.8578ポンドまで売りが先行していたユーロポンドが持ち直したことも相場を下支えした。

 ドル円は続落。終値は109.25円と前営業日NY終値(109.52円)と比べて27銭程度のドル安水準だった。米金融緩和が当面継続されるとの見方を背景に全般ドル売りが先行。一目均衡表転換線が位置する109.53円や基準線109.34円を下抜けて目先のストップロスを誘発すると一時本日安値となる109.19円まで下げ足を速めた。
 ただ、売り一巡後は次第に商いが細り、109円台前半で値動きが鈍った。市場では「5月米消費者物価指数(CPI)の発表を10日に控えて、積極的な売買は手控えられた」との声が聞かれた。

 ユーロ円は小幅ながら3日続落。終値は133.17円と前営業日NY終値(133.21円)と比べて4銭程度のユーロ安水準。ドル円の下落につれた売りが出て一時132.89円と本日安値を付けたものの、ユーロドルの上昇につれた買いが入ると133.31円付近まで持ち直す場面があった。

 南アフリカランドは失速。アジア市場では対ドルで一時13.4122ランドと2019年2月以来約2年4カ月ぶりの高値を付けたほか、対円でも8.18円と19年2月以来の高値を更新したものの、海外市場に入ると利食い売りなどが優勢に。対ドルでは一時13.5413ランド、対円では8.07円まで下落した。なお、市場では「ムボウェニ南ア財務相解任の噂や南ア公務員組合(PSA)ストライキの可能性など噂が流れており、注意が必要」との声が聞かれた。

本日の参考レンジ
ドル円:109.19円 - 109.64円
ユーロドル:1.2145ドル - 1.2202ドル
ユーロ円:132.89円 - 133.38円


2021-06-08 06:15
指標予定
8日のイベントスケジュール(時間は日本時間)
Fx-Wave
<国内>
○08:30 ◇ 4月毎月勤労統計(現金給与総額、予想:前年比0.8%)
○08:50 ◎ 4月国際収支速報
     ◇  経常収支(予想:季節調整前1兆5006億円の黒字/季節調整済1兆5690億円の黒字)
     ◎  貿易収支(予想:3896億円の黒字)
○08:50 ☆ 1−3月期実質国内総生産(GDP)改定値(予想:前期比▲1.2%/前期比年率▲4.8%)
○14:00 ◇ 5月景気ウオッチャー調査(予想:現状判断指数34.0/先行き判断指数38.0)
○19:00 ◇ 雨宮正佳日銀副総裁、オンラインセミナーで講演

<海外>
○08:01 ◇ 5月英小売連合(BRC)小売売上高調査

○10:30 ◇ 5月豪NAB企業景況感指数

○15:00 ◎ 4月独鉱工業生産(予想:前月比0.5%/前年同月比29.5%)

○15:45 ◇ 4月仏貿易収支(予想:54.21億ユーロの赤字)
○15:45 ◇ 4月仏経常収支

○18:00 ◎ 6月独ZEW景況感指数(予想:86.0)

○18:00 ◎ 6月ユーロ圏ZEW景況感指数
○18:00 ☆ 1−3月期ユーロ圏域内総生産(GDP)確定値(予想:前期比▲0.6%/前年比▲1.8%)

○18:30 ◎ 1−3月期南アフリカGDP(予想:前期比年率2.5%/前年同期比▲3.2%)

○21:00 ◎ 4月ブラジル小売売上高指数(予想:前年同月比19.8%)

○21:30 ◇ 4月カナダ貿易収支(予想:8.1億カナダドルの赤字)

○21:30 ◎ 4月米貿易収支(予想:690億ドルの赤字)
○22:00 ◎ ホールデン英中銀金融政策委員会(MPC)委員、講演
○9日02:00 ◎ 米財務省、3年債入札



<8日・火>
08:50 日1-3月期GDP統計[二次速報]
(感染再増加や緊急事態の再発動による経済制限、半導体不足などが悪材料に)

08:50 日4月国際収支統計
(資源高などによる輸入増加で、経常黒字の拡大抑制なら円安地合いを支援)

10:30 豪5月NAB企業景況感指数
10:30 豪5月NAB企業信頼感指数

(資源相場の底堅さや金利低下効果、内外での感染抑制などが下支え要因に)

15:00 独4月鉱工業生産
18:00 独6月ZEW景況感指数
18:00 ユーロ圏6月ZEW景況感指数
(ワクチン普及期待や感染者の急増ペース鈍化、経済制限の緩和、財政出動期待などが支援)

18:00 ユーロ圏1-3月期GDP統計[確報]
18:00 ユーロ圏1-3月期雇用者数[確報]

(1-3月はワクチンの遅れや経済制限の再強化、昨年からのユーロ高影響などが悪材料に)

18:30 南ア1-3月期GDP統計
(南アフリカ・ランドは調整下落を経ながらの上値追いの持続性をにらむ)

19:00 米5月NFIB中小企業楽観指数

21:30 加4月国際商品貿易

21:30 米4月貿易収支
23:00 米4月雇用動態調査[JOLT]

(失業給付金頼みや感染不安、学校制限に伴う子育て世代の就労障害などが、求職者減と就業者減に)

26:00 米財務省3年債入札
(先行き緩和縮小警戒などで需要が低調なら、米債価格下落=金利上昇でドル高にも)


ニュースは、ブロードネットさんを見ています。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
宜しければクイックしてね。



人気ブログランキング