証券会社より、

米国大統領選挙、2020年11月3日

クライアント/トレーダーの

皆様へ米国大統領選挙は2020年11月3日に開催される予定です。投票の結果にはかなりの不確実性があり、すべての米ドル通貨のクロスは重大な経験をする可能性があります。市場ギャップのリスクが高まるボラティリティ。

十分な証拠金をカバーし、アカウントのエクスポージャーに満足していることが重要です。


来週は、保有、持越しポジションに気を付けて、トレードを楽しみましょう

無題


2020103011:08 午後1時間前更新

米コロナ感染、10月に急速に悪化 大統領選激戦州も深刻

ロイター編集1 分で読む

 

 

[30日 ロイター] - 米国では10月、新型コロナウイルス感染を巡る状況が急速に悪化した。
14州でコロナ感染症による死者数が、30州で新規感染者数がそれぞれ過去最多を更新した。
コロナ感染症による入院者数も50%超急増し、8月半ば以来の水準に達した。

 

ロイターの集計によると、29日時点の新規感染者は9万1000人を超え、1日当たりの過去最多を更新。死者も1000人超に達した。
1日に1000人を超えるのは10月に入り3回目。

 

ブラウン大学のジャー公衆衛生学部長はロイターに対し、米国は依然としてパンデミック(世界的大流行)に対する態勢が十分に整っていないとし、冬に向けて「状況はさらに困難となる」と警鐘を鳴らした。

 

米大統領選が目前に迫る中、激しい選挙戦が展開されているオハイオ、ミシガン、ノースカロライナ、ペンシルベニア、ウィスコンシンなどの激戦州でも、ウイルス感染は急拡大している。

 

トランプ大統領は10月にコロナに感染。回復後は各地を回り、大規模集会を開いている。

 

CNNは集会が開催されたミネソタ、ウィスコンシン、ペンシルベニア、フロリダ各州を含む13州17郡のウイルス感染状況について調査。それによると、トランプ大統領の集会後1カ月間に14郡でコロナ感染率が上昇。うち8郡では集会前の1カ月に、感染率が低下していた。また、10郡では集会後、同州内の他郡よりも感染率の上昇ペースが加速した。

 



2020年10月30日6:27

世界の新型コロナ新規感染者、1日当たり50万人超 過去最多更新

ロイター編集 1 分で読む

[29日 ロイター] - 世界の新型コロナウイルス新規感染者数が29日、初めて50万人超に達し、1日当たりの新規感染者数として過去最多を更新した。北半球を中心に感染者が急増している。


世界の新規感染者数は16日に初めて40万人超となってから2週間足らずで約25%増加した。

西側諸国の大半と中南米諸国の一部が過去数週間に過去最多の新規感染者数を記録。感染拡大抑制に向け、米国を除く多くの国々がより厳格な制限措置を実施し始めている。


世界の新型コロナ感染者は累計で約4470万人。死者は約117万人。


欧州、北米、中南米の感染者数が世界全体の66%以上、死者数では76%以上を占めている。


ロイターの集計によると、欧州の新規感染者数は28日に初めて25万人を超え、過去2週間で倍増した。


欧州の感染者は累計で約950万人、死者は約26万1000人。


米国の感染者は累計で約890万人、死者は約22万8000人。





ニュースは、日経新聞 & ブロードネットさんを見ています。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
宜しければクイックしてね。


人気ブログランキング